行くぜ沈黙

本日は仕事を休んで映画館へと行きます
そうです沈黙を見に行くんです
サービスデーなんです
と言うわけで行ってきます
[ 2017/03/22 10:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

お仕事終了

美緒邸で仕事を終え時計を見るもっさん
時刻は既に22時をまわっている
こりゃ家に帰ると23時を軽くオーバーする時間だ

美緒:
もっさオツカレ~

もっさん:
どうにか終わったみたいだな~

美緒:
帰るの?

もっさん:
この時間帯なら日付変更線前には家には着くけど、いかんせん疲れたよ・・・

美緒:
泊ってけばいいじゃん

もっさん:
明日の満員電車を覚悟しました!

美緒:
途中まで送ってあげるからね

もっさん:
助かるよ

美緒:
軽くシャワー浴びて祝杯挙げよ?

もっさん:
いいね~

美緒:
グレンリベット空けちゃおうよ~

もっさん:
最高だな!オイ!

望:
お母さん・・・明日は仕事だからソコソコにね?

美緒:
解ってるって

望:
あやしぃ~な~

もっさん:
大丈夫だろ?
コッチも明日から仕事だし

望:
私もまだ学校あるんだからね?
解ってる?
ところでもっさんは明日ココを何時に出れば間に合う予定なの?

もっさん:
今調べる
・・・
・・・・・・
7時10分位に駅に着けば問題なさそうだね

望:
もっさんの事だから多少のリードタイムは読んでると思うけど・・・
不安なんだよなぁ~、お母さんに付き合うっていうのが・・・

もっさん:
今日もあんまり寝てないからすぐに意識が飛ぶとは思うけどね

美緒:
限界まで飲むよん♪

望:
・・・・・・ハァ・・・

もっさん:
コロスキ?

美緒:
望と一緒の墓に埋めてあげるから♪

望:
帰るなら今だよ?

望のその言葉はもうとき既に遅し・・・
美緒はバスルームへと移動をしていた

もっさん:
ココで帰ったら逆に墓に埋まる・・・

望:
死亡届けだす前に入籍届けは出してあげるからね?
相手はお母さんだけど

もっさん:
ソレは後悔しかないんだが・・・

望:
着替えとかあるの?

もっさん:
どっかで銭湯よって帰るつもりでいたから下着はあるけどね

望:
着たきりスズメのもっさんに1着プレゼントで買っておいたんだ~今日

もっさん:
ドコまでも用意周到だね

望:
アレを親に持つとね・・・

もっさん:
なんとなく解るわ・・・

と言うわけで、交代でシャワーを浴び
仕事を無事に終えたと言う名目で祝杯を挙げます

本日のお酒はグレンリベット12年、ボトルにはおよそ1/3程入っています
この量なら二人で飲みきれる量です
ただし翌日の事は考えないが条件につきますがね

さぁ狂宴の開始です!

美緒は早くからピッチを上げていますよ?
アレレレ?なんだか目つきが妖しいです・・・
普段ならまず見れないような目つきですよ?
妙に艶を帯びていますよ?
明日が仕事じゃなきゃ乗ってもいいんですが・・・、仕事なんです!
乗ったらヤバインデス体力的に
と言うわけでさっさと寝かしつけますよ?
だって明日は高松の赤い悪魔&スコッチと一戦交えないといけないんですよ?
あっもう今日か・・・、記事を書いてる時間的には・・・
あくまでも予定ですがね?
そうでなくとも体調が万全でないのに酒豪を二人相手にするのは体力が全てですからね?
下手したら死んじゃうヨ?
据え膳喰わぬは男の恥だけど、命には代えられないですよ・・・
取りあえずイチャツキマシタがね・・・

お前ドンだけ赤裸々なんだよ・・・と聞こえてきそうですがね・・・

そんな訳で今日も仕事へ行って来ます

オフビート

昨日から続くオフビートな状態
昨晩無事に美緒と合流しまして、深夜のドライブへと洒落込みました
ランデブーポイントは上野公園の不忍池近辺
私は徒歩で、美緒は車で向かいます
お互い移動が約一時間というポイントなのですよ

もっさん:
いよう

美緒:
よう

もっさん:
悪いな夜中に連絡入れて

美緒:
コッチも仕事で煮詰まってたから
そっちはそっちでなんか嫌な事でも合った?

もっさん:
いつも通りにハードワークだっただけだよ

美緒:
やすい給料でのハードワーク・・・
やる気もなくなるね

もっさん:
そっちこそ生活の為の仕事なんだろ?

美緒:
気乗りのしない仕事だからね・・・
ソレよりも早く移動しよ?

もっさん:
だな

そんなこんなで車に移動する二人

もっさん:
海が見たい・・・

美緒:
いいねぇ~
いっちゃうか
この時間帯なら日の出に間に合うし~

もっさん:
行きますか!

美緒:
三浦海岸でいい?

もっさん:
文句なし!

と言うことで深夜のドライブへ出発です

車中ではお互いの仕事の愚痴がバンバンに飛び交いますよ?
組織に属する者と自営の者、立場が違えど同じ人間です
生きていくには厳しい現実に正面から喧嘩を売るような人なので・・・お互いに・・・

まぁなんやかんやと無事に三浦海岸の菊名海水浴場へ到着です
日の出にギリギリ間に合った車を止めて海岸線をちょっと散策
文章だけでならば良い雰囲気の恋人達ですが、シルエットだけを見ると親子・・・
これもお約束の風景・・・
気を抜くと警察から補導されかねないので私達が並ぶと・・・
私が援交親父扱いで美緒が未成年扱い・・・
今回は無事に何事も無くすみましたがね

美緒:
海だ~

もっさん:
海だね~

美緒:
なんだか色々とどうでも良くなるね~

もっさん:
クダラナイ事でオフモードになっていたのがバカらしくなるな

美緒:
ホントダね
一人で塞ぎ込んでいたのがバカみたい

もっさん:
そんなもんさ

美緒:
空が明るくなって来たね

もっさん:
日の出の時間だな

二人でボーっと日の出を見つめていました

美緒:
さて・・・、そろそろかえろっか?

もっさん:
飯喰ってかないのか?

美緒:
望が心配するからね~

もっさん:
そりゃ仕方ないな

美緒:
もっさんにも仕事手伝ってもらうからね

もっさん:
分かってますって

こうして家路に急ぐ二人だったのである

こうしてこの記事を打ち込んでいる現在、もっさんは美緒邸でお仕事の手伝いをしております
きっと本日も手伝いで時間が過ぎていくことだろう
明日はココから職場に向かう覚悟もしておかねばならないのかな?
ソレだと通勤が満員電車で嫌なんだがなぁ・・・
まぁ要相談と言うことだろうな
来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
製造で就労を希望したら本社へ…
そしてトカゲの尻尾きり的に工場へ
数奇なDestinoに導かれがんばっております

そして重度の腰痛持ちな突貫要員です
最近更に便利や家業に磨きが掛かる
ハラにドス黒いものを抱えた斬込隊長

スポンサーリンク
QRコード
QR