危険な二人+組頭

午前中の喫煙タイムでよくあるワンシーン
スコッチと組頭が先に一服中、そこに後からやってくる私
先に話している会話を断片的に聞いてナニを話していたかをおおよそ理解する私が居る
それが仕事の話でも、上層部をディスっていてもである
ムダにうろちょろして情報収集しているのがバレテしまいますな

スコッチ:はぁ~また無視されましたよ…
組頭:アレはまずいよな
スコッチ:慣れてますけどね~
さっきあいさつ回りにきた発送センターのあの人の事だな
スコッチ:もっさん俺見えてます?
私:どうにかね
組頭:俺のトコに来て挨拶して次に近くに居るスコッチのトコじゃ無くて、かまってちゃんの方に行くんだわ
スコッチ:はぁ
私:あの人ね
スコッチ:まぁ無視してくれたほうが楽なんですけど~
私:こっちは本社の元ボスの下にいたからムダに顔が売れちまってるからなぁ
組頭:ソレはそれで面倒だな
スコッチ:入社してから、ツーフィンガーに、俺の事見えてます?って聞いた事がありますから
組頭・私:ハハハ

相変わらずな喫煙所での会話です
関連記事
[ 2016/08/03 01:49 ] 亡煙を捜せ! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR