手記 主任時代

仕事量がアホな事になって来た時期に更なる問題が発生しました
私の作る製品の操作盤が無い

どうやら外注先が潰れた様で・・・
これも製造業にはよくある話し

私は工場長から直に操作盤の製作を次の外注先が決まるまで作ってくれと言われました
期間は半年と定める
とまで約束をさせました

しかし管理部は探す事をしていませんでした
外注よりも内作の方がコストは安い
と言う勝手な判断を行い外注に出していないのです
その内情をなぜか私は知っていましたよ?
当時の管理部部長と仲が良かったのでね
そして技術部の変人と名高い職員から話しも聞いていました
まぁ実際外注とこ交渉をしていたのは技術部だったんですけどね

そのネタを携えて工場長に直談判です

私:
操作盤の件、外注先が決まったって聞いているんですが
まだ入荷しないんですかねぇ?

工場長:
おい、○○どこに出すって決まったのいつだっけ?

○○:
2ヶ月前くらいですね

工場長:
管理の担当誰だっけか?

私:
先輩ですが

工場長:
あれは昔俺が設計して
その後当時の工場長と話し合って外注に出すって決めた奴なんだよな
後で先輩にも言っとくわ

こうしたやり取りを行った後に

突貫納期分の操作盤を作成している私のところに師匠と先輩がやってきて

師匠:
その外注ってどうなってるんだ?

先輩:
まだ決まってません

私:
○○さんからどこに決まって
先方からいつ部品を供給してくれるんだ?
って言われたと聞いてるけど?

先輩:
チッ!

師匠:
早く確認して来い!
今は少し時間に余裕があるけど
忙しくなった時にどうすんだ?

暫らくして先輩が戻ってくると

先輩:
外注より内作の方がコストダウンになるから出してませんでした

師匠:
その担当は誰だ?

先輩:
同期が探してなかったのが原因です

私:
おっ!いいところに同期が
お~い、ちょっとコッチにこいこい

師匠:
で操作盤の件なんだが

私:
たしか前任者が探すと言っていながら結局探してなくて
それを知った時にはもう手遅れ

同期:
そうそう、それで仕方なく現場に急場の分をお願いして対応をしてもらったんです
その後探してる途中で担当が変わって、引継ぎをお願いしておいたんですが

先輩:
きーてねーし

同期:
言いましたちゃんと

師匠:
わかった
で今の担当は?

先輩:
俺です・・・

師匠:
誰が勝手に決めたんだ?
外注に出すのは社の方針だろ?
上申せずにやったら越権行為だぞ!

先輩:
コストを抑えるには・・・

師匠:
勝手な判断で現場に仕事を増やすな!
社の方針には従え!
これが原因で人がやめた方が社にとっての不利益だ!
LEDの社内検査の件もそうだし、パテの件も!
お前自分の担当エリアなんだろ!
納期の管理くらい出来ないのか!
自分で注文書をきってるんだろ?

先輩:
注文は営業が・・・

師匠:
うるさい口答えするな!
それを管理してるのは誰ですか!

先輩:
俺です

師匠:
なんで仕事量を把握してないんだ?
さっさと自分の仕事をしろ!

こうしてこの日は幕切れとなりました
結局外注に出たのは一年以上先なんですが・・・
関連記事
[ 2018/03/15 07:24 ] 職場関連手記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR