FC2ブログ

手記 現場 見習い時代

エリア内のパワーバランスが見えてきた状態で仕事をこなす

基本雑務をこなしながらの仕事をする
受注状況を理解していれば、少し余裕を持った工程が組めるはずなのだが・・・
なぜにいつもこうその場しのぎの仕事の仕方なのだろうかと疑問が湧き
仕事をしながら周囲の様子を観察すると
どうやら目の前の仕事しかしていない状況なのが理解できて来た

何故そうなのかが今だから解るのですが
私の仕事の師匠がこの体制にしたようです
その当時の背景を色んな所からの情報でまとめてみると
納期遅れを頻発させていた
2ヶ月も先の仕事を優先させていた
仕事量に対しての工程を組めない社員しかいなかった
これを打開するために、納期の近いものを優先させるようにしたのが始まりです

そしてこの悪い部分のみを未だに続けているので
先のことを見ない、言われた事だけをこなすという考える頭を持たない
無責任、非自立型社員が蔓延していました
なので、尻を叩かれないと先の仕事をしない状態なのです

現状の状況はまだ職場で頑張っているスコッチからそのうちに聞き取りをしようと思う
関連記事
[ 2018/02/10 07:02 ] 職場関連手記 | TB(0) | CM(2)
てかと
辞めたからみえてくるものもあるでしょう。
それを次に活かせばいいと。
俺はもう御免だけどw
[ 2018/02/10 08:56 ] [ 編集 ]
てかと様
> 辞めたからみえてくるものもあるでしょう。
> それを次に活かせばいいと。
> 俺はもう御免だけどw

辞める前から見えすぎて嫌になりますわ
[ 2018/02/10 09:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR