時の過ぎ行くままに 戦乙女の宴4

草木も眠る丑満時
酒の席は相変わらず続く
徐々にダウンする者が通常なら現れだす頃のはずだが、いまだ脱落者が現れない…
いや、私がそろそろ限界値になりつつある
私:スマンそろそろ体力の限界です
姉御:昔のもっさんはそんな腑抜けた事を言わなかった
姐さん:もうちょっと頑張れる子だと思ってたよ
御嬢:年だね~
私:えぇ~ディスられてる
娘:はい、ここ
膝を叩いて呼び寄せる
私:意識トブまで飲みマス
姉御:よし!よく言った!
御嬢:取って置きのを出してあげる~
そう言って持ってきたのがエクストラドライヴェルモットタンカレーNo.10
あぁ、コレ私のフィニッシュブローだわ…
御嬢:こんな事があろうかとグラスも冷やしておいたのだ
姉御:どりゃ、私が作ってあげよう、あの頃と同じように
私:アレは誰が作っても変わらんですよ
姉御:あの頃と変わらない愛情を彼方に
私:よせよ、照れるじゃないか
姉御:今も変わらないよ?
姐さん:二人の世界に入るなよ?
娘:もっさんのモトカノ?
姉御:だよ
かなり微妙な空気になってます…対処法がヨッパな今の状態じゃ浮かびません…
姉御:まぁソレは置いといて…、作ってくるから
私:私を酔わせてどうするさ?
姉御:寝かす!
姐さん:脱がす!
御嬢:襲う!
娘:◎△$♪×¥○&%#?!
私:○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・・・・・・・・!?
姐さん:ソレはマズイでしょ…
御嬢:娘が♪
娘:○※□#△~~~!!
私:シンジテルヨ?ムスメ?
娘:○※□#※◎~~~!!
コクコクと首を振る
差し出されたマティーニ チャーチルスタイルを飲みながら意識が遠のいていくのであった
姉御SIDE
姉御
マティーニチャーチルスタイルを飲むアホな子は私の知る限りはもっさんしか居ないんです
ソレが自殺行為だとしても飲む間違った漢気を見せるのはナカナカ居ないと思っていますよ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR