2015年5月 GW キャット・オクトーバーを追え2

まずは進入した猫の居場所を特定するところから開始しなくてはいけない

・泣き声が資材倉庫1Fより聞こえる
・どうやら子猫と一緒らしい
・黒猫だと思う
・進入の常習犯だと思う

上記の情報から、いつもの猫だろうと想像ができるが
いかんせん子持ちの猫…反撃が怖い
まずは軍手を装備、次にマグライトと灰皿を手に取り中庭へと向かう

私:ホレ軍手だ
謎の中国人:見つけたんだけどかなり奥の方にいるんだよ
私:親猫は?
謎の中国人:威嚇しまくり
私:コエーな…
謎の中国人:子猫と離れたときが勝負だね
私:ですな

そんなこんなで猫捕獲作戦が始まった
まずは子猫の居場所までの動線の確保から
なんというか整理も何もされていないエリアだから棚の奥に潜り込むスペースが無い…
色々と訳の分からない物を引きずり出し、作戦会議を始める
そんなタイミングで、B.B.Qへ参加する若い衆達がこちらへやってきた

スコッチ:ナニやってるんですか?
謎の中国人:黒猫捕獲作戦
新人女(大):どこにいるんですか~?
謎の中国人:あそこの棚の下の奥に入り込んでるんだ(指を指しながら)
私:へぇ~
謎の中国人:いやいや、アンタは知ってるだろ!
私:まぁ~ね~

作戦の内容は
・親猫と子猫を離す
・子猫を隔離
・親猫が子猫を回収したところで倉庫を閉める
neko

たかがコレだけなのに疲れ果てた実行隊二人…
子猫をケースに入れ中庭の中央近辺に放置、このとき写メっておかなかった事が今となっては悔やまれる…

この日の仕事はロクに捗らず大した事が出来なかったな
関連記事
[ 2016/06/05 16:50 ] 職場関連手記 2015年 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
製造で就労を希望したら本社へ…
そしてトカゲの尻尾きり的に工場へ
数奇なDestinoに導かれがんばっております

そして重度の腰痛持ちな突貫要員です
最近更に便利や家業に磨きが掛かる
ハラにドス黒いものを抱えた斬込隊長

スポンサーリンク
QRコード
QR