銭湯お遍路 8湯目

地味に不定期掲載の銭湯お遍路8湯目

今回は御存知テルマエロマエでロケ地になった北区の稲荷湯さんにお邪魔しました

取り合えず稲荷湯に向けて、最寄り駅の西巣鴨駅から移動を開始・・・
ナンか見覚えのある景色・・・
あれ?
高校の時ここら辺に来た事あるわ・・・
なぜそれまで思い出せなかったのだろう・・・
まぁ背を向けた物は全て忘却の彼方に葬り去るタイプなので
全ては捨てた過去なんでしょうな・・・
それ以外何も思い出せませんでしたしね

という事で稲荷湯さんの暖簾をくぐると
人の良さそうなおばちゃんが番台に
まぁスタンプは力の入っていない銭湯の名前だけのヤツでガッカリ・・・
風呂の雰囲気が知りたいならテルマエロマエを見てください(手抜き)

さてここの湯温は・・・
熱湯46℃
薬湯42℃
ゆる湯37.5℃

熱湯があっつい!
両足を突っ込んで立っている状態がやっとでした
44~45℃ならどっぷりと浸かれるんですがねぇ・・・

ぬる湯はぬるいな・・・ホントに・・・人肌くらいじゃないか
こりゃ30分でも1時間でも使ってられるわ

極端な温度の浴槽に挟まってある薬湯が一番安定して気持ちいい
解ってはいたが、王道の温度って大事ですな
関連記事
[ 2017/11/12 06:55 ] 銭湯お遍路 | TB(0) | CM(4)
こんにちは
稲荷湯さんってテルマエロマエのロケ地だったんですね。映画は観た事がありますがロケ地詳細までは知りませんでした。
熱湯46℃は、私はまず無理ですね。42℃でも怪しいかも・・・
温泉などでも、私より先に入っているおじさんが、ずっと熱湯に浸っているのを見かけます。私が出る時にもまだ浸っているから、どんな皮膚してるんだろう?といつも思います。
[ 2017/11/12 12:28 ] [ 編集 ]
さすがに銭湯内部のレポートで写真使うわけにもいかないし、
紹介文でがんばるしかないよねw
番台につまみだされてしまう。
46度ってのはけっこう暑い湯ですね、江戸っ子仕様なのか。
[ 2017/11/12 14:15 ] [ 編集 ]
芽吹様
> こんにちは
> 稲荷湯さんってテルマエロマエのロケ地だったんですね。映画は観た事がありますがロケ地詳細までは知りませんでした。
> 熱湯46℃は、私はまず無理ですね。42℃でも怪しいかも・・・
> 温泉などでも、私より先に入っているおじさんが、ずっと熱湯に浸っているのを見かけます。私が出る時にもまだ浸っているから、どんな皮膚してるんだろう?といつも思います。

コメントありがとうございます
流石に私が行った時には熱湯につかっている猛者は居ませんでした
46℃は猛者仕様か、もしくは私のような初見のチャレンジャーが多い気がしております
それでも私は45℃までは肩まで浸かれますよ
短い時間ですけどね
[ 2017/11/12 22:46 ] [ 編集 ]
てかと様
> さすがに銭湯内部のレポートで写真使うわけにもいかないし、
> 紹介文でがんばるしかないよねw
> 番台につまみだされてしまう。
> 46度ってのはけっこう暑い湯ですね、江戸っ子仕様なのか。

昔ながらの銭湯で開店後すぐだとコノくらいの温度は結構あったんですが
今では珍しい温度ですね
写真は・・・東京浴場組合を覗いて下され
多少は掲載されていますので
[ 2017/11/12 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR