残業中の危険な・・・

先日の残業中に、私のもう1人の仕事の師匠でもあるホンダと1時間ほど話をする事になりました
このホンダ、品質管理部の部長と言う役職ではあるが
納得できない事には理論だてて、どんな相手にも噛み付いていくタイプの人なのです
何故か私の面倒を見てくれるありがたい人です
仕事をきちっとこなす人にはしっかりとした対応をし
芽の無い相手には目もくれない
ある意味では解りやすい仕事の姿勢ですよ

そんなホンダと残業中であったお話をお送りいたします

その日、会社見学で女子高校生がやってきました

ホンダ:
今日来た女の子さ三階に来る予定でしょ?

もっさん:
面接にきたらきっとそうなると思いますよ

ホンダ:
言っちゃいけないから言わなかったけどさ
こんな会社来るな!
って言いたかったんだよね

もっさん:
まぁ・・・とても解りますけどね

ホンダ:
それもさ、俺んとこの事務屋の予定で採るのかも知れないけどさ
きっとチビッ子が辞めた後の穴埋めにもってくんだろ?

もっさん:
可能性は高いかと・・・

ホンダ:
辞めた理由知ってると思うけどさ
あれ、副工場長が自分でやりたくない仕事を押し付けてたからね

もっさん:
仕事の内容までは把握していないけど、知ってますよ

ホンダ:
アレね、俺のトコに回ってくる書類なんだけどね
製品のスペック選定の仕事なのよ
客先、営業、商品管理部、管理部、設計・技術、で俺ね

もっさん:
あっ!あの書類ですね

ホンダ:
お前がまだ本社の商品管理部に居た時代は
それなりの選定をしてくれてたからまだ良かったんだけど
今じゃドコもスルーして回ってくんだよ
商品管理部でおおよその選定もされてないの
その選定をチビッ子に丸投げすんだぜ?
信じられる!自分がやりたくないからってさ!

もっさん:
アレは当時の理解が浅い時代に
恐らくこの型式でいけるんじゃないかというのをスペック表見ながら選んでいたんだよね・・・
合ってるかワカランかったけど・・・

ホンダ:
1年目の新人にしては頑張ってるのは解るけど
アレはもうひとつ大きい型式の方で選定した方がより正解に近かったよ

もっさん:
ホントあの当時は御迷惑をおかけしました

ホンダ:
でもおかしいでしょ?
一年目の新人にいきなりそんなのを任せるとか
俺の嫁の弟は一体何してんだか・・・
あの後怒ったよ!上司に聞かずに俺に連絡して来るのは一体何事だ!って

もっさん:
商品管理部は1人1部署みたいなもんですから・・・
上司は社内サーバーやら管理システムの修正、管理が仕事ですからね
私が工場への依頼管理、親会社への資材発注と支払申請の作成
後は親会社からトバされたおっさん
ある意味二人しか居ないトコでしたから
基本ホンダの兄貴しか頼れませんでしたので

ホンダ:
まぁいいけどさ
お前がミスっても、指摘したらリカバリー行動を素早くやってくれたから
それでどうにかなったし
はっきり言って親会社から仕入れる意味があまり無いんだよね

といつも通りの愚痴が始まります

よく聞いている話ですが、自分の居る会社のダメさ加減が毎度浮き彫りになるお話ですよ

そして昔話へ突入です

え~かなりエグイ時代がありまして・・・
私もそのエグイ時代を現場で過ごしておりました
その時代を思い出しながら
二人で遠い目をしながら話をしてました

その当時ホンダは工程推進課と言う物を兼務しておりました
解りやすく工程推進課を説明しますと
納期を守るために最適な仕事の順位決めをし采配を振るう各部署の代表者

その時の特殊品エリアは鬼のような仕事量でして
その当時の社員(生き残りは現在2人のみ)は昼夜問わず、休日も関係なく仕事に追われていました
ホンダは納期を間に合わせるために、かなり厳しい言動をとる状態でした
よくパワハラで訴えられなかったものだと思いますよ・・・
まぁ仕事量がキャパシティを遥かに超えて居たのが原因ですが・・・
解りやすく言うと月に休みが二日取れればマシ、と言った状態です
より解りやすく言うと、残業時間が月平均120時間・・・
よく倒れなかったモノです

その当時を振り返りこう言います

ホンダ:
あの時は皆おかしくなっていたんだよ
毎日残業でロクに休みも取れなかったし
良く怒鳴ってたな
今じゃ絶対にパワハラで訴えられるけど

もっさん:
むしろ残業中にあの怒鳴り声が聞こえてこないと寂しいんですよね

ホンダ:
オマエも間違った方向で毒されてるぞ!

もっさん:
上で1人で仕事してると凄く寂しいんですからね

と思い出話です

その当時のもっさんはアホな先輩が管理部に移動し
残業中にワケワカラナイ仕事を持ってくるのをたった一人で対処しておりました・・・

そのお話はまた別の機会にでも
関連記事
こういうの俺も現役のときに語りたくてさー
守秘義務があってオフラインの日記帳に書いてたわw
王様の耳はロバの耳ってやつあるじゃん?
穴ほって大声でバカ野郎って叫ぶ、みたいなw
俺の日記帳、今も何冊も机の上にあるんだよ。
タイピングするのがもうおっくうな量でw
[ 2017/09/14 13:39 ] [ 編集 ]
てかと様
> こういうの俺も現役のときに語りたくてさー
> 守秘義務があってオフラインの日記帳に書いてたわw
> 王様の耳はロバの耳ってやつあるじゃん?
> 穴ほって大声でバカ野郎って叫ぶ、みたいなw
> 俺の日記帳、今も何冊も机の上にあるんだよ。
> タイピングするのがもうおっくうな量でw

この会話をしている時に執行役員のエリア部長の前で話をしていましたよ
ある意味怖いもの無しですから

私も恨み辛みの記載されたメモ帳がそれなりに残されているので
余り見たくないので封印してますけどね
[ 2017/09/14 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR