ラングリッサーⅢ ルシリス・ゲート~南門

シナリオ08:ルシリス・ゲート~南門
はるか昔、魔族の侵入を防ぐために作られたルシリス・ゲート
この四方にには、ゲートの力を補うための門が備えられていた
それも戦争の始まった今では機能を停止しているらしく
魔物をこばむ結界は消え去ったままとなっているという
いつ攻めてくるとも知れぬ魔物に備えて
一刻も早くシリス・ゲートを再起動させる必要があった
一行は南の門の責任者、ソフィアに会う為に門へと向かった
そこには、思いも寄らぬ敵が彼らを待ちかまえていたのである

勝利条件
・ド・カーニの撃破

敗北条件
・ディハルトの死亡

そんな冒頭で始まる第8章
南門はなにやら原住民のシカ族が占拠している模様
どうやらここ南門はシカ族の聖地だったようだ
聖地て・・・一体何よ?
もしかしてどっちかが不法侵入なの?
そう思っていると
便利な軍師娘のルナが

この辺りで狩猟生活をしているシカ族は
この場所を聖地と呼んでいます
そのためラーカス王国とは
昔から小さないさかいが絶えませんでした
きっと帝国やバーラルの侵入で手薄になった隙に
ここを占領したのでしょう

と説明をしてくれます
えぇっと・・・
侵略したのって、もしかしてラーカス側なんじゃ・・・
そんなところに重要建築物を置いておくのって危険なんじゃ・・・
いくら物語の都合でもさ~
厳しくない?
怖くない?
ヤバクナイ?
しかもソフィアは捕まってしまったようですな・・・

という事でシナリオを攻略です

このステージは原住民対別働隊
はっきり言うと原住民対侵略者ですな・・・
それなりに和解しとかないからこうなるんだと言ういい例ですな・・・

南門は堀に囲まれているので橋が架かっている一箇所以外は歩いてはいけません
空を飛べるなら話は別ですが
ジュリーのTOKIOみたいなユニットは2人しかいませんのでね

いつものように2対1で対処していくのが無難かと思いますが
このステージ火刑に襲われるんですよ・・・
背後から火に追われ
前方からはシカ族・・・
ゆっくりと対処している暇が無いので
3対1で対応したほうが良いみたいですな
ド・カーニーは地味に強いですがそれほど怖くは無いですよ?
キチンと対応してさえ居ればね

安全地帯の堀の内側にさえ居れば
リファニー・ティアリスの魔法で援護してしまえますから

無事にクリアすると
巫女のソフィアは捕らえられて、儀式の生贄に・・・
まだなっていませんがね
儀式の決行日が次の満月の日・・・
どうやら余り時間は無いようです
なので急いで救出をしないといけない

なんだか忙しないなぁ・・・

別の戦場で戦っているレイモンド卿は
どうやら帝国軍の猛将ボルツ率いる部隊と戦っている模様
なにやら苦戦しているようですが、徐々に盛り返していっているみたいです

そしてガイエル率いる飛空挺部隊はラフェルに攻め入っています
どうやらガイエル優勢で戦局が進んでいる模様
ツマランな・・・
関連記事
最初、記事読んでてシカ族っていうのがでてきたから、
せんとくんみたいなのが出張ってきたのかとばかり。
これだと事務レベル会談を通じた和解はありえないよな、シカだしw
ストーリーはともかく破綻なく進んでるみたいな印象です
[ 2017/09/03 13:15 ] [ 編集 ]
てかと様
> 最初、記事読んでてシカ族っていうのがでてきたから、
> せんとくんみたいなのが出張ってきたのかとばかり。
> これだと事務レベル会談を通じた和解はありえないよな、シカだしw
> ストーリーはともかく破綻なく進んでるみたいな印象です


ストーリーには破綻は見られないのでご安心下さい
せんとくん一派のやらかしではないのでそのてんもご安心下さい
村山談義みたいなアホな事もしていませんので
ご安心下さい
[ 2017/09/03 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR