レトロゲームを攻略してみる 摩訶摩訶 28

前回のあらすじ
輪廻の祠をくぐり前世の世界へバック・トゥ・ザ・フューチャー

Maka Maka (J)_00382

トネンルを抜けるとソコは銀世界・・・じゃなく前世の世界だった・・・

Maka Maka (J)_00383

取り合えず北上し手近な城に飛び込むと

Maka Maka (J)_00391

シャバシャバ城だった
そうここはもっさんの前世の種族の城
取りあえずは前世の人が居るかどうかを確かめるが
逃げたらしい・・・
マジデ!?
仕方なく王に謁見すると
何故ニャバニャバ族と戦争になったのかワカランとのこと・・・
王様・・・それでいいのか?
そこでこの手紙を渡してきてくれないか?
と王様から手紙を受け取ります
拒否権は無いですよ?
いつもの事ですが!

仕方ないので南西に舵を取り進みます
すると開けたところに出ましたね

Maka Maka (J)_00384

戦場だー!

Maka Maka (J)_00385

Maka Maka (J)_00387

ドンパチやってるよ!
シャバシャバ族負けてね?

そんな弾丸飛び交う戦場を平然とど真中を歩いて進みます

ニャバニャバ族・・・アンタ等もかなりいい加減だな!
怪しいのが堂々と横断してるのに無視かよ!
まぁ嫌いじゃないですよ?
そういう大雑把なところ

Maka Maka (J)_00392

さてニャバニャバ族の王様に手紙を渡します
内容は
ドーリャ王よ
これ以上の無駄な血を流すのは止めよう
もし戦いをやめてくれるのなら
私の命を差し出そう
返事を待つ


Maka Maka (J)_00398

返事が聞けそうですね~

Maka Maka (J)_00399

ハイ落とし穴~
交渉は決裂です
外交官を殺して全てうやむやにしようとたくらみますな
うん、小物ですね
こういうセコイ事を企むのは大成しませんよ?
大きな夢ばかりを語るようなヤツも大成しませんがね・・・大体・・・

Maka Maka (J)_00402

そして地下労からの脱出を試みますが・・・
助っ人が来てくれました
シャバシャバ族のサジにより脱出が可能になりました
ただしサジの手伝いをしなくてはいけませんが・・・

出口ではサジが待っていました
話を聞くとシャバシャバ族のシャルム王子は
寺の坊主が人質に取られ自ら捕まったそうです
そして坊主を1人残らず黄泉送りに・・・
見事な小物感が漂いますな・・・

そんなシャルム王子を助けるためにサジは単身潜入をしてきたみたいです
泣かせるネェ・・・弱いのに・・・
なので特別牢を爆破し牢番をよ~く擂粉木で磨り潰します

Maka Maka (J)_00414

予想通り瞬殺ですな

Maka Maka (J)_00417

そして前世の自分と御対面!
Maka Maka (J)_00419
Maka Maka (J)_00420
Maka Maka (J)_00421

そして相手を追い詰めるためにも二手に別れ進軍開始!
とは言えこのメンバーですがね

Maka Maka (J)_00422
Maka Maka (J)_00423



そして追い詰めて無事に討伐!
偽王はマカマカだったのである・・・
やり方がせこいよ!
来世に期待しないとダメなパターンだなコイツは!
あ~そういえばコイツ来世でもなんだかトンチキナ事してるんだった・・・

ミジンコミジンコミジンコミジンコミジンコ
ミジンコミジンコミジンコミジンコミジンコ
ミジンコミジンコミジンコミジンコミジンコ

人類ミジンコ化計画
関連記事
[ 2017/07/17 06:55 ] 勿忘草の想い 摩訶摩訶 | TB(0) | CM(2)
敵対する勢力をミジンコにすることで勝利を確実なものにする、とかだったらすげーぞw
努力する方向性を間違ってるけど
[ 2017/07/17 14:49 ] [ 編集 ]
> 敵対する勢力をミジンコにすることで勝利を確実なものにする、とかだったらすげーぞw
> 努力する方向性を間違ってるけど

コメントありがとうございます
勝利を確実なものにするとしてもミジンコですよ?
ミジンコの世界を支配しても繁栄は期待出来なさそうですが・・・
謎過ぎます
[ 2017/07/17 16:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
製造で就労を希望したら本社へ…
そしてトカゲの尻尾きり的に工場へ
数奇なDestinoに導かれがんばっております

そして重度の腰痛持ちな突貫要員です
最近更に便利や家業に磨きが掛かる
ハラにドス黒いものを抱えた斬込隊長

スポンサーリンク
QRコード
QR