私には危険球過ぎた・・・

前日の続きです

取り合えず渡された薄い本を見てみる・・・
なんだか遠い記憶に封印していた事が思い出されていく・・・

そうだこれ私がページ数が足りないといわれ懇願されて勢いに任せて書き上げた文章が乗ってるヤツだ・・・
やめてくれ・・・3日で書き上げた何のまとまりの無い文章を思い出させるのは
その時の会話が次の通りです

美緒:
ハイコレ、私の一押し

もっさん:
ふ~ん・・・

美緒:
メタスラスピンオフが特にお気に入り~

もっさん:
ん・・・!?

美緒:
どしたの?

もっさん:
・・・・・・

美緒:
固まってるけど・・・どした?

もっさん:
あの~

美緒:
ん?

もっさん:
これドコで仕入れた?

美緒:
昔ミリタリー系の即売会で買ったけど?

もっさん:
すまん、これ私が書いたやつ・・・

美緒:
!!!

もっさん:
・・・・・・

美緒:
一文字百太郎で書く人ってどんなだろう、って思ってたらあんたかい!

もっさん:
しかもホトンド売れなかったって聞いたやつだ・・・

美緒:
そりゃ売れんわ!
ニーズに合ってないSS集なうえに、作品テーマがバラバラ・・・
ダメ出ししか出てこないんだけど・・・

もっさん:
言わんで下さい・・・
ページ数が足りないと言われて勢いだけで書き上げたんだから・・・

美緒:
幻の一品だね・・・市場には出るわけが無いから・・・

もっさん:
そうだろうね・・・
売れるわけ無いんだからさ

美緒:
私はもっさの文好きだよ?
フリージャムセッション感があって

驚愕の事実をお互い目の当たりにしたのであった・・・

美緒:
まだ他にもどこかで書いてるでしょ?

もっさん:
隙間埋める為の依頼は受けたことは有るけど

美緒:
ソレっぽいの探しとくからね

もっさん:
勘弁して下さい・・・

この日以降、美緒は私を仕事のアシスタントに多用する様になったのである
私としてはタダ酒にありつけるからイインデスケドネ
ただし朝は、満員電車を覚悟しないといけないんですが
関連記事
ぽちっと応援
[ 2017/03/29 15:29 ] [ 編集 ]
てかと様
> ぽちっと応援

応援ありがとうございます
私が出没した時は9割の確率(たまに忘れておりますが・・・)で押しておりますのよ
[ 2017/03/29 22:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR