ヘイトフルエイト

ヘイトフルエイト
タランティーノが仕掛ける「密室」ミステリーと謳われているこの作品
主役のサミュエル・L・ジャクソンが好きで借りたのが本音ですが
そして私は余り多くは語りません
むしろ観て欲しい

なんというかこの作品、演者がよく喋りますよ、ソレがクエンティン・タランティーノ監督特有だと思いますがね
そして登場人物の大半が悪人です
空白を全て埋めるかのごとく、口汚く罵りあいながらの駆け引きするシーン
後は色んな作品のオマージュがふんだんに使われているのもお約束
むしろ既在の素材を上手くつぎはぎして、まったく別の作品に仕立て上げるセンス
タマリマセン!

「ジャンゴ 繋がれざる者」に続く新時代のマカロニウエスタンに仕上げているがこの「ヘイトフルエイト」です

ちょっとラストは普段のタランティーノ監督らしくないエンドでしたが・・・十分に楽しめました
関連記事
[ 2017/03/16 06:09 ] 勿忘草の想い | TB(0) | CM(4)
応援ポチ
[ 2017/03/16 11:43 ] [ 編集 ]
レザボア・ドッグスからのタランティーノ。
相も変わらず、演者の掛け合いだけで時間を埋めてくれますね。
いい意味で期待を裏切らない。
何も考えず観るにはこれ以上ないですね。
しかも確かに、ふんだんに使われるオマージュ・パロディに気づけないと、面白さが半減しますからね。
ある意味映画の含蓄が問われるところです。
[ 2017/03/16 13:52 ] [ 編集 ]
てかと様
> 応援ポチ

応援ありがとうございます
[ 2017/03/16 23:18 ] [ 編集 ]
節約ドットコム様
> レザボア・ドッグスからのタランティーノ。
> 相も変わらず、演者の掛け合いだけで時間を埋めてくれますね。
> いい意味で期待を裏切らない。
> 何も考えず観るにはこれ以上ないですね。
> しかも確かに、ふんだんに使われるオマージュ・パロディに気づけないと、面白さが半減しますからね。
> ある意味映画の含蓄が問われるところです。

コメントありがとうございます
見終えた後にあのシーンどっかで見た事があるんだけどって悶々とする事が多いのもタランティーノ監督作品の特徴ですね~
[ 2017/03/16 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR