探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件 第5章 新宿中央公園

鑑識課のゆうひから話を聞いた由紀子
まずは現場での聞き込みからだ

さぁ、捜査の再開だ

ココが殺人のあった新宿中央公園の入口だ
公園の広大な敷地は緑に恵まれ都庁の目の前にあるとは思えない
静かなたたずまいを見せている
・・・少なくとも、死体の似合うような場所じゃないのは確かよね

どうする?
⇒見る
     ⇒公園

公園を見渡すと
大きなホウキを持った男の姿が私の目に入った
多分この男がココ中央公園の管理人だと思われる
もっさんによれば、彼が高田桃子の遺体の第一発見者で宮本と言う名前らしい
取り合えず話を聞いてみた方がいいだろう

⇒話す
      ⇒公園の管理人・宮本
                      ⇒事件の事

由紀子:
ハジメマシテ、私こういうものです

私は名刺差し出す

宮本:
神宮寺由紀子さん・・・
探偵さんですか

由紀子:
今回ココで起きた事件の調査依頼を受けましてね
申し訳ないんですがお話を聞かせてはもらえないでしょうか?

宮本:
事件の事だと?
正直思い出したくも無いんだが・・・
7時の朝の見回りの時の事だよ
いつものように公園の芝生を見回っていたら
芝生広場の芝生の上に見慣れない物があってね・・・
はじめは誰かがゴミでも落としていったんじゃないかと思ったんだが・・・
でも、よく見ると女の死体だったんだ
・・・驚いたよ
こんなところで管理人をしていればこういう事もあるんだなとは思っていたが
実際に殺された娘さんを見るとなんとも可哀想で・・・
せめて犯人が捕まるといいんだが・・・

由紀子:
現場周辺に何か変わった事などありませんでしたか?

宮本:
現場にはいつものようにホームレス達がいるだけで
それは静かなもんだったさ

由紀子:
遺体を発見したときの状況を聞かせて下さい

宮本:
娘さんは、まるで眠っているようだったよ
なんとも安らかな死に顔でね
・・・それだけが救いといえばそうなのかもしれないな

由紀子:
ホームレスですか・・・

宮本:
彼らはそれぞれ数人のグループで公園内に縄張りを作って暮らしている

由紀子:
ソレはつまり、ホームレスのグループはいつも同じ場所に居るのね?

宮本:
そういう事になるね
彼らはなんと言うか・・・、チョット神経質なところがあるから
話す時はあまりしつこくせん方がいいと思うよ
警察もあまりしつこく聞いたせいで総すかんを食ったみたいだし

由紀子:
ふ~ん
気をつけよう

宮本:
あの場所に縄張りを持っているのは・・・
種子島と加藤、佐々木って言う三人のグループさ
あの事件以来、他のホームレスは現場に近づかないからな
いつも三人でつるんでいるから、現場に行けば分かると思うよ

由紀子:
わかった
ありがとう

私は現場へと通じる遊歩道を歩き始めた

私はゴロワースに火を点けた

う~ん、情報が足り無すぎる
ココは、管理人がいうホームレスのグループを探すのが先決だな・・・

新緑の木々に囲まれた歩道を少し歩くとすぐに開けた広場が見えてきた
ココが殺人のあった現場・・・
新宿中央公園の入口からは木立を抜けて数分の距離にある
ホームレスのテントもこの場所の情景として当たり前のものとなっている

⇒見る
      ⇒殺人現場

遺体のあった芝生広場周辺には数名のホームレスがいる
管理人によれば、彼らはいつも決まった場所に居るらしい
そうなると・・・
この事件があった時も彼らがこの場所にいた確率は高いわね・・・

私は周囲を見回してみると、三人のホームレスが私のほうを見つめていた
おそらくあの三人が管理人の言っていた
種子島・加藤・佐々木なのだろう
話し難そうな雰囲気だけど、ココは声を掛けて見るしかないようね

⇒話す

由紀子:
あの~、スイマセンが事件の事を聞かせて欲しいンですが

種子島:
事件の事?
し、知らん!
俺は知らない
だから、放っといてくれないか!
し、知らない

加藤:
殺人のことは何も知らないんだ

佐々木:
そんな事を何でおめーに話さなきゃいけねーのさ?

種子島:
し、知らないって言ってるだろ!

加藤:
本当に知らないんです
だから許してください

佐々木:
おめー何様のつもりだぁ?
知らねーっもんは知らねーんだよ!

由紀子:
本当に何も知らないんですね?

佐々木:
しつっこいオンナだな
オレらがホームレスだと思って舐めやがってんだ
おい、オメーら!こうなったらこいつとは一言も話すんじゃねぇぞ

これ以上彼らから話を聞くのは無理そうね・・・
チョット態度が気になるけど一旦引き上げましょ


今回の捜査はここまで
殺人現場で聞き込みをしてみたがどうやら今日は空振り気味・・・
そういう日だってあるさ
でもホームレスの三人組は何か隠している様な気がスルゾ・・・

でもまぁともかく
次回を待て!




ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:今日のゲーム情報

ブロトピ:面白い、元気の出るblog集合にゃ♪

ブロトピ:【ブロトピ】私のおすすめはコレ!

ブロトピ:ブログ、更新しました(*^▽^)/★*☆🎵

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

ブロトピ:ブログ更新しました

関連記事
こんばんは(*'ω')

「神宮寺三郎シリーズ」はこちらの記事で興味を持って「時の過ぎ行くままに」を入手して片手間で初プレイ中です。
全体的にお洒落な大人の雰囲気、
CG(ドット絵)もファミコンの少ない色数で頑張っていると思います。
捜査に行き詰まると「タバコを吸う」ことでフラグが立つことがありますね~
[ 2016/11/27 03:55 ] [ 編集 ]
ホームレス三人衆どうやったら口を割ってくれるでしょう。それとも何か隠してた方が彼らにとってメリットがあるのか・・・
何処かしらに何かヒントがあるはず、次を待つかぁ。
[ 2016/11/27 09:10 ] [ 編集 ]
らす様
> こんばんは(*'ω')
>
> 「神宮寺三郎シリーズ」はこちらの記事で興味を持って「時の過ぎ行くままに」を入手して片手間で初プレイ中です。
> 全体的にお洒落な大人の雰囲気、
> CG(ドット絵)もファミコンの少ない色数で頑張っていると思います。
> 捜査に行き詰まると「タバコを吸う」ことでフラグが立つことがありますね~

コメントありがとうございます

神宮寺三郎シリーズの特徴は「タバコを吸う」のコマンドにあると思いますよ
推理=タバコを吸うを私の中で定着させてくれた作品の一つですから
[ 2016/11/27 09:51 ] [ 編集 ]
芽吹様
> ホームレス三人衆どうやったら口を割ってくれるでしょう。それとも何か隠してた方が彼らにとってメリットがあるのか・・・
> 何処かしらに何かヒントがあるはず、次を待つかぁ。

コメントありがとうございます

ようやく探偵者らしくなってきました
調査による情報収集パートに入りこれからが神宮寺三郎の真骨頂の推理パートへと入っていきます
捜査パートと推理パートを繰り返しながら事件の解明に挑みます
乞うご期待ですが
私の文章力で表現しきれるかは自分でも不安ですがね・・・
[ 2016/11/27 09:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR