探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件 由紀子の事件簿 第4章 鑑識課

鑑識のゆうひに会いに行ったのだが、軽く門前払い・・・
しかし小林組長の取次ぎにより、淀橋署内に入れるようになった由紀子
鑑識課へ行きゆうひから話を聞くんだ

さぁ捜査の再開だ!


入口をくぐると署内にはピリピリとした空気が漂っている・・・
普段の生活には無い緊張感があった

私はその緊張感を肌に感じつつ鑑識課へと足を進めていった

鑑識課というと、機会やら書類やらが仰々しく鎮座しているようなイメージを持っていたんだけど・・・、どうやら違うみたいね
私が部屋の前に辿り着いたら一人の女性がこちらに向かってやってきた

???:
あの・・・もしかして神宮寺由紀子さん?

由紀子:
そうですが・・・
この台詞を聞くのは今日で2回目なんだよね

ゆうひ:
やっぱりそうですか
いや~、さっきはゴメンナサイね、もっさんからあなたの事は聞いてはいたんですけど・・・
名前まで覚えてなかったのよ・・・

由紀子:じゃ~、あなたがゆうひさん?

ゆうひ:
ええそうです、ワタシが三好ゆうひ
先月からココでやらせてもらっているんですよ
でも着任して間もないのに大忙しなの

由紀子:
その割りには嬉しそうだよね?

ゆうひ:
アハハ~
何しろやりがいがある仕事ですから~
で、もっさんから聞いてはいますが、高田桃子の事をお話すればいいんですよね?

由紀子:
そ~ソレを聞きに来たのよ
まずは事件について聞かせて欲しいな

ゆうひ:
まぁよくある事件ですよ
ココに来てまだ一ヶ月だけどね、ワタシもう慣れちゃいましたよ~

由紀子:
慣れたって・・・オイオイ・・・
死因について教えて欲しいな

ゆうひ:
高田桃子の死因は頸部圧迫による窒息死・・・
つまり首を絞められて殺されたって事ですね~

由紀子:
死亡推定時刻はいつ頃なの?

ゆうひ:
死亡推定時刻は・・・
今朝の午前0時頃だと思いますよ
ただ・・・、死亡推定時刻は現場の状況によって左右されやすいからね~
確実な数字ではないって事を覚えておいてね
まぁ~、そうは言ってもあの状況から見て・・・
ワタシの見立てからは1時間以上のズレは無いっておもいますよ

由紀子:
午前0時ねぇ・・・

ゆうひ:
ところで由紀子さん、今日の0時どこにいました?

由紀子:
う~ん多分事務所のソファーで寝ていたかなぁ・・・
ソレよりも犯人像は?

ゆうひ:
死体の頸部に残されていた締め痕から割り出していくと
身長は175cm前後で、握力が40kg以上の人物が犯人だと思いますよ
まぁ普通に考えたら男性だとは思いますよね

由紀子:
遺留品て何があったの?

ゆうひ:
被害者の遺留品は一言で言うなら殺されてそのまま・・・って感じですよ?

由紀子:
そのまま?

ゆうひ:
金目の物を物色した形跡はないし、着衣に乱れも無かったですから・・・
おかげでやりにくいのよね・・・
あ~そうそう、遺留品が見たかったら棚の上にありますので自由に見てもいいですよ~
も~一通りの識別は済んでますから

ワタシは高田桃子の遺留品を調べる事にした

ゆうひからゴム手袋をもらうと被害者の遺留品を改め始めた

いつもの事ながら被害者の持ち物に手を付ける事に少なからぬ罪悪感を覚えてしまう・・・

まずはハンドバックを調べる事にした
それなりに高価なブランド物と思われるハンドバックには、財布と小物入れ、そして化粧品が入っていた

由紀子:
この化粧品のブランドは・・・私が使ってみたいな~と思ってたのじゃないの・・・
こんな形で見るとは思わなかった・・・

次に財布を調べてみた
財布の中の現金は無事なようだ
他には免許証等のカード類が入っており、ソコから高田桃子の住所を知る事ができた

ゆうひ:
もし高田桃子のアパートを訪ねるのでしたら
現場の人に許可をもらいますので、ココに電話してくださいね

私はゆうひの連絡先を教えてもらった
コレで今後の調査もやりやすくなるはずだ

衣服を見てみた

衣類に大きな乱れは無いようだ

由紀子:
やっぱり派手な色の服だ・・・

ゆうひ:
ワタシはまず着ない色ですねぇ~

一応ブランド物の様ではあるが・・・
コウも派手だと普通はまず着て出歩かないだろう

そして小物入れを調べてみる

由紀子:
中身は・・・、ティッシュにハンカチとペン、後は携帯電話か

携帯電話をわざわざ小物入れに入れるのは特定の職業の人間だと聞いた事があったなぁ・・・

携帯電話を調べてみる
現代社会において携帯電話はプライベート情報の宝庫である
何しろコレさえあればその人が親しく付き合っていた人の情報の大半が手に入る・・・
まぁ・・・、もっさんのようにメール以外の機能が死んでいる上に、受信機扱い、更にはメモリーが0件なのも稀にいるが・・・
携帯電話のメモリーは400件と少し
生前の高田桃子はどうやら交友範囲の広い女性のようだ

ゆうひ:
それがもし必要なら持ってっていいですよ~

由紀子:
えっ!?

ゆうひ:
データは既にパソコンにバックアップしてありますから
それにもっさんも言ってましたからねぇ・・・
そういう物は警察よりも姉御が持っていたほうが活かせる気がする・・・って
でも・・・ナンデ姉御って呼ばれてるの?もっさんに

由紀子:
ソレはまぁいいじゃない
でも・・・ホントに良いの?ソコまで私を信用して・・・

ゆうひ:
あれ~、由紀子さんがそんな事を気にするなんて思いませんでしたよ~

由紀子:
私というよりもゆうひさんの問題だよ?
部外の人間が遺留品を持ち出したとバレたらロクな事にはならなそうだし

ゆうひ:
それなら大丈夫ですよ~
まだココに来て1ヶ月だけど、ワタシを首にする様な度胸のある人なんてこの署にはいませんよ~
アハハ~
もっさんだってソレは同じだと思いますよ
ソ・レ・に~、この事を知っているのはワタシ達3人だけですからね

由紀子:
ニャルホド
ソウイウコトならありがたく借りよ~
正直言ってかなり助かるヨ?

私は高田桃子の携帯電話を手に入れた

遺留品を調べるのはコレくらいでいいかな

ゆうひ:
もう見なくても大丈夫?

由紀子:
一通り調べたから多分大丈夫だよ

ゆうひ:
お役に立ちました?

由紀子:
参考になったよ

ゆうひ:
ゆかったらまた来て下さいね?
面白い物があったらなんでも鑑定しますよ~

由紀子:
わかったよ~
っとその前に、もっさんの身長と体重を

ゆうひ:
あらっ!?由紀子さんあなたもふもリストもっさん派なの?

由紀子:
昔はもふリスト熊モン派って言われてた記憶があるんだけどなぁ・・・、もっさん

ゆうひ:
もっさんは一部のコ達に人気があってね、そのコ達をふもリストって勝手に呼んでるだけなんだけどね~
アハハ~

由紀子:
じゃ~私もふもリストだ~

ゆうひ:
仲間じゃないですか~
もっさんの身長でしたね・・・
未だに成長が続いてるみたいで170の大台に乗ったみたいですよ~

由紀子:
まだ身長が伸びてるって・・・
おかしくない?

ゆうひ:
それがもっさんだからね~

由紀子:
まぁいいや・・・
そろそろ引き上げる事にするね

ゆうひ:
はい、またいつでも来て下さいね~


今回の捜査はココまで

鑑識課のゆうひから、被害者高田桃子の情報を聞く事ができた
そして高田桃子の携帯電話も借りることが出来た由紀子
コレで調査が楽になるに違いない

続きが気になるって?でもはやる気持ちを抑えつつ
次回を待て!





ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:今日のゲーム情報

ブロトピ:面白い、元気の出るblog集合にゃ♪

ブロトピ:【ブロトピ】私のおすすめはコレ!

ブロトピ:ブログ、更新しました(*^▽^)/★*☆🎵

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

ブロトピ:ブログ更新しました

関連記事
携帯のメモリーが400件、何れにしても何らかの手掛かりがあるはず。
もっさんの身長がまだ伸びている?何か事件との関連性は・・・(笑)
[ 2016/11/26 09:10 ] [ 編集 ]
芽吹様
> 携帯のメモリーが400件、何れにしても何らかの手掛かりがあるはず。
> もっさんの身長がまだ伸びている?何か事件との関連性は・・・(笑)

コメントありがとうございます

そうまずはどんな些細な事柄でもいいから情報収集していかなくては
こうして集めた情報が後々の情報と繋がってきたりもしますよ

そしてもっさんの身長は周囲の人々にとっての一番の謎らしいです・・・
[ 2016/11/26 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR