最近見た映画 パリ、テキサス


制作年 1984
邦題 パリ、テキサス
原題 Paris,Texas
時間 146分
フイルム 35mm
カラー カラー
製作国 西独=仏

概要
テキサスの原野を一人の男が歩いている
男がガソリンスタンドに入り、氷を口にすると、そのまま倒れ込んでしまう
しかし男の身元がわかるものは何も持っておらず、一枚の名刺だけが唯一の手掛かりだ
名刺の連絡先は男の弟ウォルトの物で
男の名前はトラヴィスだと言う事も解った
4年前から失踪、そして病院からも失踪したトラヴィスをウォルトは追いかける
トラヴィスは無言を貫き、記憶の有無、何を思い考えているのかも解らない
ウォルトは自分の家に連れて飛行機で帰ろうとするがソレを嫌がるので仕方なく車で帰ろうとする
一枚の写真を見たときに初めてしゃべるトラヴィス
テキサス州にあるパリに土地を買ったと言う事を話す

ウォルトは妻のアンナと共に8歳になるトラヴィスの息子ハンターと一緒に家族として暮らしている
4年の歳月は再開した二人には大きな溝を作ってしまう
5年前にトラヴィス、トラヴィスの妻ジェーン、ハンター、そしてウォルトとアンヌの5人で撮影した8ミリフィルムがキッカケで
少しづつではあるが二人の溝を埋めていく
そしてアンヌからジェーンが毎月ヒューストンの銀行から送金してくる事を告げる
トラヴィスがジェーンを探しに行く事をハンターに告げると
「僕も一緒に行く」と言い出しヒューストンへとジェーンを探す度に出るのであった

運よくシネコンでの上映があり、見に行く事が出来た映画です
まぁ私は見に行くためなら仕事をサボってでも行きますがね・・・
前半でのトラヴィスとハンターの4年の溝が埋まっていく情景が上手く描写されていたのでないかと思います
後半に入り、トラヴィスとハンターが一緒にヒュ-ストンへと旅立ち
ジェーンを見つけ、トラヴィス自身が負っている心の傷や逃げてきた物に対してのけじめを付ける為に
ハンターに向けて思いをテープに録音し伝える
そしてクライマックスのトラヴィスとジェーンの二人だけの会話へと移る

ココから先はネタバレになってしまうので割愛させていただきますネ

ラストは何故か私の目から感動の涙がこぼれておりました
こんなにヨワッちく無かったんだけどなぁ・・・年をとったもんだぜ・・・
いや、感受性が豊かになったのか

機会があったらぜひ見ていただきたい映画の一つだと勝手に思っていますから


ブログランキング・にほんブログ村へ



ブロトピ:ブログ、更新しました(*^▽^)/★*☆🎵
ブロトピ:ブログ更新しました。
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログを更新しました
ブロトピ:ブログ更新しましたーー
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ、更新しました(*^▽^)/★*☆🎵
ブロトピ:本日のブログ更新内容
ブロトピ:ブログを更新しました。
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:ブログ更新しました。
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新しました(*^▽^)/★*☆🎵
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新通知
ブロトピ:ブログ更新しました


関連記事
[ 2016/10/20 00:03 ] 勿忘草の想い 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR