もっさんとやっさんのグデグデな本紹介 ゴーストアンドレディ

もっさん:さて今日はまともに本の紹介でもしてみようか
やっさん:マトモニ・・・ねぇ~
もっさん:まぁまともにはきっとできんガナ
やっさん:そういう性分なんだから仕方ないな・・・





もっさん:取り合えず今回はコレ
やっさん:ナニナニ、黒博物館ゴーストアンドレディ?
もっさん:これは、著:藤田和日郎 全二巻で構成されている物語だよ
やっさん:ホホウ、フロレンスナイチンゲールが主人公に書かれてるんだ
もっさん:もう一人の主人公が灰色の服の男、通称グレイさ
やっさん:リトルグレイでなく?
もっさん:それはFBIに任せとこうよ・・・
やっさん:でそのグレイは一体何者だい?
もっさん:劇場に現れる幽霊
やっさん:それでゴーストアンドレディなんだ もっさん:そのグレイがカッコいいんだ

やっさん:ナニナニ、戯曲のフレーズを引用しての語りが結構あるねぇ~
もっさん:シェークスピアのマクベスとか
やっさん:鹿賀丈史かよ・・・
もっさん:料理の鉄人じゃないからね
やっさん:今回の挑戦者はフロウ
もっさん:そして挑戦する鉄人は・・・ってオイ!
やっさん:それでその鹿賀丈史もといグレイは一体なんの役割さ
もっさん:基本バトルパートで大活躍
やっさん:フロウは?
もっさん:日常パート?
やっさん:だから俺に聞くなよ・・・
もっさん:大雑把にスートーリーを言うと
やっさん:ハヨイエ
もっさん:私を取り殺してくれと懇願するフロウ
やっさん:で?
もっさん:絶望が最高潮になった時に殺してやると約束をするグレイ
やっさん:最終的には?
もっさん:ネタバレになっちまうから・・・
やっさん:じゃぁ~見所は?
もっさん:物語の2巻目に入ると、グレイとフロウの心境が徐々に変わっていくところかな
やっさん:あぁ~悪い・・・、序盤の見所は?
もっさん:フロウが看護婦としての頭角を見せ始めるところかな
やっさん:ふ~ん
もっさん:内容については呼んでみるのが一番だね
やっさん:そりゃそーだ


もっさん:グレイの生前についても記述があるのさ
やっさん:むしろソッチの方が気になるんですが
もっさん:相変わらず本題じゃないところに目が行くネェ
やっさん:むしろサイドストーリー的な方が私は好きさ
もっさん:グレイは生きている時は決闘代理人として生きてきたんだ
やっさん:嬉々として話すねぇ~
もっさん:そりゃ~ね、決闘のルールを詳しく知る機会が得られたからね
やっさん:相変わらずネタを拾い集めるのはお好きなようで・・・
もっさん:そりゃね、サブカルトかは意外と知るキッカケがナイからね
やっさん:と言うわけで読んでみなさい
もっさん:ストーリーも素晴らしい
やっさん:コノ横穴も素晴らしい
もっさん:素晴らしい横穴と名づけよう
やっさん:最後くらいちゃんと締めようよ・・・
もっさん:ネタ振ったヤツが何を言うか・・・

関連記事
[ 2016/09/16 00:02 ] 勿忘草の想い | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
製造で就労を希望したら本社へ…
そしてトカゲの尻尾きり的に工場へ
数奇なDestinoに導かれがんばっております

そして重度の腰痛持ちな突貫要員です
最近更に便利や家業に磨きが掛かる
ハラにドス黒いものを抱えた斬込隊長

スポンサーリンク
QRコード
QR