2009年 手記 工場での研修 1

2009年11月
工場へめでたく左遷を喰らう
まぁ自分の性分から言うと現場仕事のほうが好きなのであまり気にしない
現場になれるためにまずは各部署研修へ回ることに
回る部署と期間は以下のとおり
加工      5週間
品質管理部  4週間
小型品     4週間
大型品     3週間
加工      5週間
品質管理部  3週間

ナンスかね…この加工の時期の長さは…、まぁいいけどさ

気を取り直して研修スタート!

加工のお仕事
基本は工場の薄利多売品(ほぼ赤字製品)のボディの追加工
延々とマシニングセンター相手のボタン押し…
さすがに飽きるワ…
黙々と作業をする私の事を気に掛けてくれたのが、加工場おじいちゃん部隊のオジキ・おやっさん・とっちゃん(私が見たじいちゃん達のイメージです)通称競馬同好会のメンバー
そりゃ月曜日の昼休みに競馬ブックを読んでりゃ声も掛けるか
そんなんだったから仕事中も競馬の話で盛り上がったりもして意外と苦痛ではなかった

品質管理部のお仕事
教育係の部長が出張、他部署へ投げ込まれる…
入社してから2度目の福岡営業所へ応援出張、今度は1週間
気づいたらホトンド研修を受けていない事に気づく

小型品のお仕事
ほぼ雑用、製品についての説明も無くただただ人手の補充として当て込まれる

大型品のお仕事
ある種の迷言を体感してしまう
「部品が無い!作れない!間に合うわけが無い!」
この言葉は工場の一部の間で流行語大賞として2015年までTOPに輝き続ける

加工場のお仕事パート2
悪夢のマシニング再び…
毎日同じ事を繰り返しているからか、行動に無駄が無くなりマイスターとしての称号をいただく
ウレシクネェ~ッス
この頃はよくオジキととっちゃんに飲みに連れて行ってもらったなぁ

品質管理部のお仕事パート2
相変わらず部長は出張だらけ…
気づけば大型品エリアの重鎮、通称会長と大型品の製作をしているし
記事を書いている今となってもよく分かっておりません
そして3度目の福岡出張
このときの事は一生忘れないと思う、だって東日本大震災があったんだもん
このとき一緒に出張へ言った生粋のハポネス、謎の中国人は石巻地区の出身だったから…
一足先に帰宅する謎の中国人に、福岡まで来てパチスロを打っていた私の勝ち分を全部渡し
私:コレでうまいモンでも食ってカラ元気でもいいから出せ
謎の中国人:あぁ…
私:気の抜け切った返事するな、シャキッとしろ!
謎の中国人:おぅ…
私:インフラ直るまで電話無理だからメールにしとけよ
謎の中国人:あぁ
気の抜けた返事をしながら駅へと消えていった
そんな謎の中国人にこんな言葉を送りたい
Until two people can meet again.
by.ジミ・ヘンドリックス

そういやこの時期に九州にもカモノハシ新幹線が開通したんだっけ

関連記事
[ 2016/06/08 01:29 ] 職場関連手記 2009年 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR