マイナス1度

嘘か真か知らないが
こんな逸話が語られている・・・
この携帯電話が一人一台の時代に
真夜中の公衆電話に0度のテレホンカードで電話が出来ると・・・
どこに繋がるかは諸説あり定ではないようだ

はぁ~寒い・・・
空からは雪が舞い降りてきた
こんな日は早く家に帰って酒を飲みたい
「あっ、しまった・・・」

忘年会の店の手配の借り押さえが出来た事を幹事に伝えていなかった事を思い出した
私は携帯電話を取り出し通話メニューを操作しようとしたが、充電残が7%・・・
こりゃアカン・・・
私は足早に家路へと急ぐ途中、公園の横にある公衆電話に目が行った
そういえば公衆電話に関する都市伝説があったな・・・
そう思った瞬間に、私の足は公衆電話へと向かっていた
都合よく公衆電話の下にはテレホンカードが捨てられている
私はソレを拾い公衆電話に差込、指のむくままにダイヤルをプッシュする
私がソラで番号を押せるのは一人しかいないんだけどな・・・
まぁ繋がる分けないが・・・
そう思いながらダイヤルをプッシュしていくと
受話器からコール音が響く
誰か新規契約者でも居るのかな?
等と頭に過ぎったが、冷静に考えたら度数が0のテレホンカードを使用している時点でコールが響く事自体に・・・

おかしい・・・
そう思った時に受話器を下ろすのが正解なのだろうが・・・
私は酔狂な人間・・・
面白そうな事には率先して足を突っ込みたがる
何回かコール音が響いた後に通話状態になる

「もしもし・・・」
受話器の向こうから懐かしい彼女の声が聞こえてくる・・・
!?
ホントかよ・・・、私は頬をつねって周りを見渡す・・・
「もしもし・・・」
思わず口が滑った
「元気?」
「うふふ・・・、私はある意味元気よ・・・」
変わらぬ声で君が微笑む
「一つ聞いてもいいかな?」
「な~に」
「足はついてるの?」
「うふふ・・・、足はついてるわよ」
「久しぶり・・・」
「ホント久しぶりね」
「いつ以来だったっけ」
「どれくらいだったかなぁ」
「あ~、葬式以来だったな」
「あ~、そうそう最後に会ったのはお葬式だったね」
「そりゃ~顔が綺麗で」
「ま~ね、最後だったし・・・」
「今からチョットだけでも会えないかな?」
「ナニ言ってんのよ・・・、」
「無理は承知だけど」
「しょうがないわね・・・」
「でも・・・、怖い顔で急に出てこないでよね」
「うふふ、ソレはどうかしらね~」
「心の準備もあるし」

ゴゥ・・・

デンワボックスの外で一陣の風と共に雪が吹き荒れ、一瞬視界を覆い尽くす・・・
視界が再び広がるとソコには・・・
思い出の写真と同じ・・・懐かしい彼女の姿があった・・・

「もう・・・相変わらず強引なんだから・・・」
「久しぶり・・・」
私はデンワボックスから出て彼女の方に近づいて行く
「会いたかった・・・」
「私もよ・・・」
「ずっと言えなかった事があるんだ・・・」
「な~に?」
「あの時君に言いたかった言葉は・・・」
「うん・・・」
「ずっと好きだったんだ・・・」
「うん・・・」
「結婚してくれ・・・」
「嬉しい・・・」
「そう言いたかったんだ・・・」
「その言葉が聞けただけでも嬉しいよ・・・、グスッ・・・」
そう言うと彼女は泣き出した・・・
私が彼女を抱きしめようと更に足を踏み出した瞬間
再び一陣の風と共に雪が視界を覆う様に吹き荒れる・・・
私は目を凝らしながら彼女を見ると
雪と共に姿が掻き消えていった・・・
風の音の中に彼女の声が聞こえた気がした・・・
「あなたの事、今でも好きよ・・・」
と・・・

暫らくの間、私はその場に立ち尽くしていた・・・

公衆電話のデジタル表示がマイナス1度
次は自分の部屋にかけるか・・・
[ 2016/12/31 09:39 ] 勿忘草の想い 短編小説 | TB(0) | CM(6)

今年を振り返って

今年一年を振り返ると思いのほか激動の1年だった・・・

アホな位の突貫納期で仕事をこなすことから始まり
スコッチ二十歳のバースデーで飲みに行ったり
酒飲みマリアッチを一夜限りの結成してみたり
職場の後輩スコッチが暴力沙汰に巻き込まれ会社相手に大立ち回りを行い
サバゲ女子会に参加してみたり
酒飲みマリアッチの再結成、そして高松の紅い悪魔を生み出す
思い付きからの深夜のドライブで城ヶ島へ行ったり
サバゲ引退セレモニーへの参加して
そうだ・・・、横浜へ行こう・・・ JR東日本 が発動してみたり
ウィルス性の胃腸炎で倒れたりもしたし
そして年末進行と言う名のデスマーチ・・・

ざっと書き出してみると、こんな感じで色々とアホな事をしてきたんだな・・・
ある意味感慨深い
人として成長したか?と言われると・・・、間違った方向に磨きがかかったような気がしております
立派な人になる気がないから、ある意味では目指している方向には進んでいますよ

そんなもっさんは今年一番の収穫は
酒の幅が無駄に広がった事と、タバコがより一層コアな領域に足を踏み入れた事でした

来年は酒の幅を広げるよりも、より深みを得られる事に焦点を当てて生きたいと思います
後はローカライズ作品も内容に深みを作れたら良いかな~

納会

無事に仕事納めを向かえ職場での納会がありました
年々グレードダウンして行っておりますが・・・
無駄に場にそぐわないお酒が一本ありました
スコッチ ロイヤルサルート21年(シーバスリーガル)
ロイヤルサルート

役員:
2万円くらいのお酒で
これだと頭が痛くならない

ん?私のアルコールデータで2万のこの銘柄でこの箱、ボトルはHITしないのですが・・・
定価約1万位のを何故に2万と盛る?
私は金額でありがたみなぞ感じませんよ
大事なのはまず、その酒が飲めるか飲めないか、言い換えるならば胃が拒絶するかしないか
次に、その酒が好きか嫌いか
最後に、常飲出来るか出来ないか
こうやって篩いにかけていけば酒の範囲は広がっていきますから

このロイヤルサルート21年を御相伴に預かったスコッチは
まず香りを確かめていきます

スコッチ:
う~~~ん・・・ブレンデット!

本日の決め台詞イタダキマシタ

スコッチ相手にウィスキーを下手に語ってはいけませんよ
彼の大元の専門はウィスキーですからね

さて私のデータベースを更に検索をかけます

・ウィスキー
  シングルモルト
 ⇒スコッチ
  バーボン

・スコッチ
  由紀子
  瞳
 ⇒美緒

頭に中でコマンドを選択していくと・・・
評価が出てきました
☆☆★★★
星二つ
辛口コメントの美緒がこう出していると言う事はあまり期待できない部類ですね

スコッチ評価
味はオールドクロウよりは美味い
ただし、金額が2万だとした上でこの味なら無い!

最新の評価を聞きたくて美緒にTELをする私

もっさん:
もしゃもしゃ?

美緒:
むしゃむしゃ?

もっさん:
チョット聞きたいことがあるんだけど?

美緒:
私の身長は知ってるでしょ?
でも、体重はトップシークレットだからね!

もっさん:
そうじゃなくて・・・

美緒:
指のサイズは7号だよ~

もっさん:
うん知ってる!

美緒:
バストサイズは・・・ヒ・ミ・ツ♪

もっさん:
身体的特徴が聞きたいんじゃないんだけど・・・
この中乳娘が!

美緒:
じゃ~なんなの!

もっさん:
ロイヤルサルート21年並行輸入品の評価を
コスト無しとコスト込みで教えてチョ♪

美緒:
私の舌にはあまり美味しいとは感じられないかな~
味だけだと5点満点中の3点
コスト込みだと5点中1点
1万出してこの味では納得できないよね
同じ金額出すならボウモアの18年が買えるし、そっちの方が私の舌には合うし~

もっさん:
で・・・、飲みすぎても頭痛くならんとか言ってたけど

美緒:
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・バカ?
体質や飲み方もあるから・・・、断言すんな!

もっさん:
じゃ~、タリスカーストームは?

美緒:
あれはいい酒だよ~
でも私はタリスカー10年の方が好みだけどね~

もっさん:
ふ~ん
常時ストックしときたいのって今だとナニ?

美緒:
タリスカー10年
オールドクロウ
ここは外せないよね~
後は~タンカレーNo.10でしょ~
カミュ!
ここら辺は常時ストックしておきたいかな~
でもっさんは?

もっさん:
え~っと
タンカレー
パスティス51
オールドクロウ
かな

美緒:
・・・
アースクエイク作れない?そのラインナップ・・・

もっさん:
全部1:1:1で割ればね・・・

美緒:
狙ってるわけじゃないのよね?

もっさん:
単体で飲んで好きなのだけど?

美緒:
このアルコールに関しては間違った天才型メ・・・
感覚で仕入れてハズレ無しってどういうことよ

もっさん:
さぁ?
[ 2016/12/29 06:00 ] 時の過ぎ行くままに | TB(0) | CM(2)

ポートピア殺人事件 進捗状況

現在ポートピア殺人事件をプレイ中
初見プレイなので時間が掛かっております
犯人は有名すぎるので知ってはおりますがね

ファミコン時代で容量が少なかった時代ですので、読み物としては端折り過ぎ感が否めない・・・
いかに行間を埋めようかと思案しながらのプレイなので
もう暫らく時間が掛かってしまいそうです
年内には執筆を開始したいのですが・・・
チョット厳しいかな・・・
でも頑張って構成を練りますよ~
楽しみにしている方には(片手で納まるくらいの人数なのかなぁ)申し訳ございませんが
開幕までもう暫らくお待ちください

きっとある程度まとまったらいつも通りに、見切り発車だと思いますがね・・・
[ 2016/12/28 06:00 ] 果断の一手 | TB(0) | CM(4)

お酒紹介

グランド アブサント 69

1972年、フランスで誕生した薬草系リキュール「アブサント」
1915年に販売・製造が禁止、80念の歳月を経て当時の味に出来る限り近い味わいを再現した

アニス系の特徴なのかは解らないのですが、色がカナリ鮮やか
このグランドアブサント69はもう見事なグリーンですよ
傍から見たら危ない液体…、いやラベルを見たら青色1号・黄色4号…合成着色料が使われている…、ソラ鮮やかな色だワ
うん読まなかった事にしておこう…、裏のラベルは

香りはミント系の香りがしますね~
一口飲むと、甘目の口当たりから徐々に広がる強烈なミントの刺激が口の中を駆け回ります
鼻から抜けるミントの強い香り、癖になる
コイツをストレートで飲むのもイイですが、ミネラルウォーターで加水して飲むとまた違う一面を感じれるのでタマラナク癖になる
ホントにアブサン系は飲む人を選ぶ強烈な個性を持ったお酒です

パスティス51

コチラはアブサンが製造禁止になり、その代用品として製法を改良し生み出されたのが始まりです

購入したお店のポップには
「フランスで2番目に飲まれているアニス系!」
とかかれておりました

香草の香りが鼻腔をくすぐります
ストレートを一口飲むと、強烈な歯磨き粉と山椒のような味が舌を刺激、いや舌が痺れるといっても良いかもしれないですね
そして鼻から抜けていく香草の香り
はっきり言います!コレは飲み手を選びますよ!
少し加糖した方が飲みやすいとは思いますが・・・
私は加糖せずに飲むのが好みですね
クセが有るのはクセになる、ただこのクセの強さはかなりクセモノ
飲んだ人の9割が拒絶し、残りの1割が大ファンになると言う言葉にも納得ができます
これはバーテンダーさんからの受け売りですがね・・・

パスティス51

色味があまりよくないですが・・・
左がストレート
右がミネラルウォーターで加水したパスティスウォーターです
白く濁っているのが分かるだろうか・・・、チョット疑問ですが・・・
アルコールに溶け込んでいた油分が白く現われますよ
コレがまた一部の間で大人気!
参照データは私の父親のお店でですが・・・

パスティス51で作るパスティスウォーターは1:1で割るのが一番美味いとかなんとか・・・
バーテンダーさんからの話だったはずですが・・・、まぁうろ覚えなんですけどね・・・

皆さんもタマにはアニス系のお酒など冒険をしてはいかがでしょうか?
大半が後悔すると思いますが・・・
ソレを乗り越えられた人は、職場で結成された危険な二人と共に一緒にのみに行きませう!
今宵もイイお酒と共に、乾杯♪
[ 2016/12/27 06:00 ] 勿忘草の想い | TB(0) | CM(6)
来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
製造で就労を希望したら本社へ…
そしてトカゲの尻尾きり的に工場へ
数奇なDestinoに導かれがんばっております

そして重度の腰痛持ちな突貫要員です
最近更に便利や家業に磨きが掛かる
ハラにドス黒いものを抱えた斬込隊長

スポンサーリンク
QRコード
QR