はじめに

はじめまして

職場で起こったアレやコレへようこそ



まずはカテゴリのご説明を

探偵神宮寺三郎のタイトルから拝借しております

未完のルポ:マーズピーポー主催の出来事をメインに書いております、基本カオスなカテゴリです

危険な二人:私とスコッチのアルコール同好会東京支部の活動が書かれております、基本飲んだ暮れです

亡煙を探せ:職場の喫煙所での会話が書かれております、基本グデグデです

時の過ぎ行くままに:私が単体での行動中に起こった出来事が書かれております

明けない夜に:アルコール同好会東京支部と高松支部長がそろった時の出来事が書かれております

連鎖する呪い:グデグデな日常会話が書かれております、何の為にもならない内容です…、強いて言うならB級ネタの宝庫です

勿忘草の想い:好きな物を紹介しています

果断の一手:ゲームのショートストーリーが書かれております、原作をぶっ壊した内容になっていますので・・・、読む時は御注意を

Kind of Blue:職場の後輩スコッチの持ち込み企画が書かれております


ある照明メーカーの工場に勤める微妙な立ち位置の男もっさんです

ここでは筆の向くまま気の向くままに職場であった事や、身の回りであった事やちょっと気になっていること
そんな雑記を自由気ままに綴っております

あっ、更に言い忘れていましたが少々誇張(トータル面で当社費15%)はしているけれどコレハ全て事実です

稀に架空の人物で日常系創作シナリオを作ってるんじゃないの?と疑う人がいたりもしますが
全て現実にいます、そして現実に起こりました事を重ねて言っておきます

なんかそういった事を改めて書くとウソくさいなぁ・・・
[ 2037/06/02 21:59 ] はじめに | TB(-) | CM(2)

ラングリッサーⅢ 新たなる戦いへ

レイモンド卿がラーカス奪還のために兵を興してから約一年
バーラル軍からラフェルの都を
帝国から王都ラーカシアを取り戻しました
ラーカス王国はエルスリードと名を変え
レイモンドはジークハルト王として国を治めるに至りました
ですが帝国も体勢を立て直し
エルスリードを攻略するために着々と準備を進めていたのです
同時に今まで闇に隠れ
表だった行動を見せなかったヴェルゼリアも
ついに本格的な侵攻を開始しようとしていました
そして一ヶ月が過ぎ・・・

シナリオ22:新たなる戦いへ
レイモンド子爵の元で兵を起こして約1年
ディハルトたちはついに王都を取り戻した
そしてレイモンドはジークハルト王となり
国もエルスリードとなる
一時は物資の不足に兵を退いたアルテミュラー元帥だが
ラーカス再攻略の準備は着々と進んでいた
対するエルスリード軍は
別働隊を起動戦力として
国境沿いの帝国軍本陣を攻略するために移動をはじめていた

勝利条件
・敵の全滅

敗北条件
・ディハルトの死亡

さてまずは帝国軍の様子です
アルテミュラーが出撃の準備をしていますね
エルスリード領内に攻め込むのでしょうか?
空中要塞と言う単語が聞こえたので、王都に攻め込むんでしょうな
留守は知将エマーリンクにお任せのようです

しすて別働隊が到着した時には既にアルテミュラーは出撃済みの様で
後衛を叩くチャンス!
と言う事になりました
俺は後詰を叩く!徹底的にな!
なので知将エマーリンクとの再戦です
エマーリンク:
第一部隊はそのまま前進
第二部隊は我々と合流し、川のこちら側で迎撃!

・・・作戦をばらしてますな・・・

という事でシナリオ攻略です
敵の作戦は解っています
なのでゴリ押しで磨り潰してやりましょう!
いつの時代だって最終的には強行突撃が重要になりますからね
容赦なくテレポートで敵の中央に魔術師を放り込んで上げましょう
私の魔術師は殴れる魔術師ですから!
橋を渡ったらヴェルゼリアの魔物が出てきますが
関係ない全てを焼き払え!
エマーリンクも魔物も我のメテオによって滅ぶがよい!

定石だと
川の手前に居る帝国兵をすべて倒してからの進軍になると思いますがね
そして南北に分かれての進軍
そしてエマーリンクを利用しての魔族狩りのはずですな

無事にクリアすると
一旦王都へ帰る事にディハルトは決めました

その頃の王都では
ジークハルト王が帝国軍と交戦中
空中要塞の威力に軽く押され気味のようです
そんな中魔物が・・・
やばいですな・・・三つ巴の戦いに・・・ならなかったようで
魔物は帝国軍に襲い掛かっております
運よく帝国が退いてくれてラッキーでした

アルテミュラーの様子は・・・
どうやら帝国の皇帝閣下クライスト4世が崩御!
コレにより少しの時間が稼げましたな

寒くなってきたから

さてめっきり冷え込んできたここ最近
私はのうのうと銭湯お遍路なるものを開始してしまいました

東京都浴場組合に加盟している約580軒の銭湯に
お遍路さん用のスタンプが備えられています!
入浴する毎に“巡礼スタンプノート”にスタンプを押してもらい、スタンプが貯まったら認定証を交付してくれます

そして達成者東京都浴場組合のホームページに名前が記載されますよ
なのでまず目指すは88箇所!

というわけで、黒歴史に新しい1ページを刻み付けてやろうかと活動開始です

20171020222018427.jpg

なのでまずは記念すべき1件目

荒川区の帝国湯

ここは熱湯で有名な銭湯です
先陣切って向かったスコッチは残念ながら、ぬるい湯だった模様
となれば、この間違ったチャレンジャーのもっさんが身をもって確かめに行くしか!
という事で行って参りました

この日は残念ながら雨
私は腰痛で仕事は有給です
医者へ行きその帰りにふと
今日は寒いなぁ・・・
暖かい所に行きたいなぁ・・・
そうだ・・・銭湯に行こう・・・
そう思い立ったのなら、こりゃ行くっきゃないよね?

写真はあいにくの雨模様なので撮影をパス
そのうちにスコッチにでも撮って来て貰おう

というわけで開店の15:00ジャストに暖簾をくぐりました

先客は近所のおっちゃん(予想です)が1人
まぁ雨だからそんなもんなのかな?
そして番台で入浴料を払い服を脱ぎ・・・
の前にスタンプを忘れるところだった・・・

20171020222045eea.jpg

ちゃんと押してもらいましたよ?
番台のばあちゃんとその後5分ほど愉快に話をしましたがね

もっさんの銭湯での番台&フロントでの会話ツールとしても活躍しそうな予感がしますな
ただし、ばっちゃんに限る!

さてそんなこんながあった後に洗い場へ突入~

眼前に広がる富士山のペンキ絵
は置いといて、その下の段に描かれている鯉の絵に目を奪われる
もっさんの対して数を巡っていない銭湯の絵を思い出しても鯉の絵は無かった・・・
モザイクのタイル画は観た記憶はあっても
鯉の絵はココが初めてだったのだ・・・
ついでに湯温もチェックです
48℃・・・
こりゃきっと無理だろう、そう思いながら体を洗い
カランのお湯で体を温めた後に湯船へ突・・・
ムリ!
流石に熱過ぎる!
近所のおっちゃん(予想です)もムリでした
二人揃って片足突っ込んで「こりゃムリだ!」
本物の熱湯に流石に驚きましたよ!
そしておっちゃんと2人で何℃まで埋めるか協議した結果
45℃と言うラインで落ち着き、どうにか入浴・・・
ここまで長かった・・・
この湯に浸かるまでホント長かった
だが48℃に足を突っ込むと言う、出来そうで出来ない体験はきっと忘れてしまうだろう
[ 2017/10/21 06:16 ] 銭湯お遍路 | TB(0) | CM(4)
来客
プロフィール

もっさん

Author:もっさん
数奇なDestinoに導かれ
愉快な仲間に巡りあいました

重度の腰痛持ちの突撃隊長
便利屋稼業に磨きがかかり
今日も愉快に暗躍してます

最近は銭湯巡りに精を出しております

スポンサーリンク
QRコード
QR